頭痛・肩こり・額関節症・自律神経の乱れに特化した鍼灸サロンです。

筋膜リリース

筋膜リリースとは

筋膜リリースは、筋肉の表面にくっついている膜と筋肉の摩擦を減らし、可動性を生み出しスムーズに動かせるようにしていくものです。

巷でよく見る、「筋膜はがし」という表現は不適切ですね。
筋膜剥がれたら大変です。
そして筋膜という表現も本当は不適切だと思いますが、皆様にわかりやすくしっくりくるのはこのワードかなと思います。

正しくは「fasciaリリース」というのが適切だと思います。
ただこの「fascia」は「ファッシャ」や「ファシア」と日本語では読んだりするのですが、日本語訳が未だありません。

次の図を見てもらえるとわかりやすいかもしれません。

①一番上が正常な図です。
(黄色いのがfasciaで、緑色の部分が、間質と呼ばれる、組織と組織の間の部分です。この間室の中に間質液という液体が流れています。赤い丸は発痛物質です。)
正常な組織は、間質液もスムーズに流れているので、発痛物質が滞って停滞することもありません。

②次に以上になってしまったfasciaの図です。
fasciaがガタガタになってしまい、隙間も空いていないところがあります。
これでは間質液も流れなくなり、発痛物質もたまってしまいます。

このように、何らかの影響により炎症などを起こしてしまい、fasciaの形が変化して癒着してしまうと、間質液が滞ってしまい、発痛物質が蓄積してしまい痛みや、不快感を発生してしまいます。

この以上になってしまったfasciaを正常な形に戻し、間質液の流れをスムーズに戻し、老廃物をたまらなくすることが、俗にいう【筋膜リリース】です。

当院のfascia(筋膜)リリース

当院ではMORACT(モアクト)というツールを使って、リリースを行います。

写真の道具を使って、皮膚の上から撫でるように動きの悪くなっているところを刺激していきます。
皮膚から刺激を入れることによって、皮膚の下にあるセンサー(受容器)が反応します。
そうすると、筋膜と筋肉の間に水(間質液)やコラーゲンなどが産生され、癒着がはがれていき、摩擦がなくなり動きがスムーズになります。
図でいうと②や③の状態から、①の状態に戻るということです。

元の状態に戻ると、動かしたときの痛みや、ツッパリ感が減り、動く範囲(可動域)が広がっているのがわかると思います。
このリリースの施術は、やられているときも撫でられている程度の感覚しかありません。
「こんなんで効くの?」とよく言われるのですが、これ以上刺激を強くしても、細胞を壊してしまうと、修復されるときに癒着がさらに強くなってしまい、逆効果になってしまいます。

このような方におススメ!

・筋肉のコリ、張り感を感じている方
・動く範囲(可動域)が狭い方
・なんとなくだるい、重いと感じている方

オプションメニュー【+20分】+3,300円

筋膜リリース施術は、オプションメニューとなりますので、単発での施術は行えませんので、ご了承ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

https://www.shinq-yoyaku.jp/salon/32315
TEL:080-815-1245
MAIL:yanada.acu.mox@gmail.com
営業時間
平日 10:00~21:00
土祝 10:00~18:00
日曜定休

JR駒込駅北口より徒歩2分

東京都豊島区駒込4-1-8
駒込テラス05号室