しわについて

しわには種類があります。
ざっくりいうと、大じわと小じわです。

また、しわが一つもない人なんていないと思います。
しわは完全に消えることはないのです。

表情を作るときに必要なしわもありますからね

しわは、皮膚が薄くなって出現する、「ちりめんじわ」や、表情筋に伴う「表情じわ」があります。

皮膚そのものの変化によるしわは、加齢や光老化に伴う弾性繊維の変化によるものが多いです。

このページでお伝えさせていただくのは、「表情じわ」についてです!
小じわ(ちりめんじわ)については別のページでお話しさせていただきます。

表情じわは、表情筋の収縮によって、その筋肉と垂直に生じます。

縦方向に走行する筋肉には横方向のしわが形成されます。

筋肉の収縮が強いほど、筋肉が縮み、その間に皮膚にしわが形成されてしまいます。

本来は、表情を戻すことでしわは消えますが、長期間反復して力が加えられることによることと、
加齢により皮膚の弾性性も低下してしまうので、しわが固定化されて皮膚自体にも深い溝を形成してしまいます。

何個か当院に来院されるお客様の中でも、「ここが気になる!」と多い部分を紹介いたします。

まずは、表情筋を載せてみます。

大体このような感じでかをの筋肉があります。

では表情筋によるしわのご紹介です。

【前額部】
おでこの横じわです。
このしわは、日常生活の中で、前頭筋と呼ばれる筋肉が収縮することにより作られています。
ここのしわは、「しわを消す」というよりも「しわを浅くする」という目的で行います。
それは、緩めすぎてしまうと、まぶたがあげづらくなることも予想されるからです。筋肉も適度な緊張は必要になるんです。

【眉間】
このしわは皺眉筋と鼻根筋によって作られます。
皺眉筋の長さなどによって、形成されるしわの形態が変わってきます。

【頬】
目じりから頬にそって、カーテン上のしわができる。ほうれい線が深くなるのもここが問題なのではと考えられる。
このしわは、大頬骨筋と笑筋が原因で形成されるしわです。
周囲の筋への影響や左右非対称を作られやすく、表情にも影響が出やすい。

【上唇の上】
ここのしわの原因は、口輪筋です。

上記のような感じで表情筋の緊張が原因でしわが形成されてしまいます。
筋肉の緊張が問題で起きてしまうしわは、美容整形では「ボツリヌス毒素製剤」での治療が多くなるのかと思います。

ただし、場所によっては筋肉の緊張が取れすぎてしまうと、逆に不具合が出る場合もある。

顔面の表情じわは、筋肉の過緊張の実が原因になっているだけでなく、老化による皮膚や軟部組織、骨の萎縮や支持靭帯の下垂に伴い、表情筋の収縮が起こることでしわとして目立って見えてしまうのです。

電気を流す美容鍼は、筋肉を緩めながら運動を行うので、筋肉を緩めすぎてしまうことは少ないのかなと施術をしていて感じています。

また、美容鍼は薬剤なども使用しないので、副作用もないです。

※鍼を打つことによって、副交感神経が優位になり、人によっては、眠くなったり、身体に力が入りにくくだるいなと、感じる方もいますが、ゆっくり休んであげるとすぐに回復します。

ご予約・お問い合わせはこちら

080-7815-1245
MAIL:yanada.acu.mox@gmail.com

LINEからもご予約・お問い合わせが可能です。
お友達追加はこちら

@cosmeではクーポン配信中!

営業時間

月~土(祝日含む) 10:00~21:30
日曜日のみ定休

JR山手線駒込駅北口、東京メトロ南北線5番出口より
各徒歩2分
〒170-0003 東京都 豊島区駒込4丁目1−8 駒込テラス05号室