日焼け止めで「光老化」を予防しましょう

おはようございます。

梁田鍼灸院 梁田健一です。

突然ですが、みなさんは日焼け対策をしっかりとしていますか?
紫外線対策をすることで肌の光老化(ひかりろうか)も予防できます。

光老化は防ぐことのできる老化ですのでしっかりと対策してください。

太陽光には、紫外線A紫外線B、可視光線、赤外線などの種類があります。
太陽紫外線は、ビタミンDを作るのには必要です。
活性したビタミンDは骨代謝以外に、免疫機能の維持、生活習慣病やがんの予防にもかかわってきます。
しかし、過度の太陽光線を浴びることによって、サンバーン、サンタンを引き起こし、光老化を促進させ、皮膚がんリスクを高め免疫機能を低下させることも医学的に証明されています。
なので、しっかりと紫外線B、Aの対策をすることが大切になります
ここでは簡単に説明させていただきます。
紫外線Bは、皮膚表面の炎症を引き起こします。
肌が赤くなってヒリヒリするのは、この紫外線Bの仕業です。

紫外線Aは紫外線Bよりも皮膚の奥の「真皮」というところまで達します。
紫外線Aは地上にまで至る全紫外線の95%を占めるといわれ、エネルギー的には弱いが照射量が多く、浸透力が高いです。

そこで活躍するのは、日焼け止め!!!!!!
日焼け止めには「SPF]と「PA」という表示があるかと思います
まず「SPF]は「紫外線B]を「PA」は「紫外線A」を防ぐ効果があります
なので、「SPF]も「PA」も+が高いものを選びましょう。
日焼け止めは1回塗っただけだと、時間の経過とともに効果がなくなっていくため、塗りなおさなければ効果がありません。
時間の目安としては、「SPF1]で約15分。
ということは「SPF50」の日焼け止めを使ったとすると
1回塗っただけでは
15分×50(SPFの数字)=750分となります。
なので、約12.5時間効果が続くということですね。

しかし、皆さんが塗っている量はおそらく少ないのでここまで効果はないと思います。
塗る量は、人差し指の第一関節の大きさを出して、手の平くらいの大きさの面積を塗るくらい必要とされています。
また、汗などを書いたときは、日焼け止めも流れてしまうため、塗りなおしが必要となります。

ちなみに日焼け止め効果を期待するなら、「日焼け止め」として販売しているものを使ってくださいね。
化粧品に含まれているとされる日焼け止め成分はほとんど効果はありませんのでご注意ください。

紫外線対策をするだけでも、「光老化」を予防できるので、エイジングケアには必要な要素だと思います。

長々と書きすぎてしまい申し訳ありませんでした。

また、知っておくといい情報があった際には、配信させていただきますので、宜しくお願い致します。

しわ、しみ、たるみ、ほうれい線、むくみ、頭痛、顎関節症、円形脱毛症、逆子、でお悩みの際は、ぜひ当院へご相談ください。

お友達登録はこちらから

友だち追加

最新情報をチェックしよう!